日本伝統の職人芸|自分で作ったパンは最高!料理教室で技術覚えよう

自分で作ったパンは最高!料理教室で技術覚えよう

レディー

日本伝統の職人芸

寿司

短期間で技術習得が可能

日本を代表する食品を扱う職人であり、国内はもちろんのこと、近年では海外でも高い需要を誇っているのが、寿司職人です。そんな寿司職人になるためには、飯炊き三年握り八年といった言葉が広く知られているように、おおよそ10年ほどに及ぶ修行期間を経なければ、一人前の職人になる事ができないというのが定説になっています。有名な寿司店に弟子入りした場合などは、数年間は寿司ネタを扱うことすら出来ないことも珍しくはないのです。そういった中、数ヶ月から一年程の期間で、寿司職人になるための技術や座学を学ぶことができる学校が誕生したことで話題を集めています。回転寿司などの比較的カジュアルな店舗での出店を望んでいる方にはもちろんのこと、海外での寿司ビジネスを考えている方が、この学校で続々と技術を学び、寿司職人として活躍しているのです。

高度な技や素材の目利き

この寿司の技術を学ぶ学校を利用する際の注意点としては、名のある寿司店に弟子入りする場合などと比較して、いわゆる伝統の技や味などを知ることができない点、また長い修行期間を経ることで自然と身につく素材の目利きに関する技術の習得や、仕込みにあたっての人間関係の構築などを、より短い期間で行う必要がある点などを挙げることができます。もちろん、最初から海外での出店を考えている場合などには、国内で扱われている生鮮魚介類などと違った食材を扱う必要などもあるため、目利きや仕入れルートの確保などの経験が活きてこないケースも少なくありませんが、経験自体が無駄になることはないため、それを上回る発想力や行動力などが求められることになるのです。