自分で作ったパンは最高!料理教室で技術覚えよう

レディー

一からしっかりと

男性

バリスタの人気と共に多くのスクールができています。簡単な「ラテアート」など趣味で活かすのならスクールでよいのですが、いつか自分で経営使用と考えているなら、しっかりと専門学校に行くのかお勧めです。コーヒーの奥深さだけでなく、多くの事を学ぶことが出来ます。

この記事を読む

食の資格にチャレンジ

コーヒー

コーヒーは、豆の種類や製法で味が決まります。ローストレベルが高くなるほど、濃い風味になります。豆や製法についても詳しい知識を有するのが、レベルの高いバリスタです。イベントを積極的に利用すると、スクールの実像が掴め、夢により近づきます。

この記事を読む

毎朝の朝食を自分で焼く

ブレッド

本格的なものを作りたい

とある統計では、朝食にパンを食べる人の数がお米を食べる人の数を抜きました。パンを食べる文化が完全に根付いた日本において、自分で作って楽しむ人も増加中です。パンを作るだけならかなり簡単です。レシピも本屋さんに行ったり、インターネットで調べたりすればすぐに出てきますし、最近ではパンを作れる炊飯器なども発売されているので、ハードルは年々と下がっています。ただ、お店で買うような本格的なものを作りたいのならパン教室に通った方が賢いです。生地をこねたりする作業のなかには文字だけでは伝わらないようなちょっとしたコツがあり、そのひと手間を加えるだけで味が劇的に向上します。パン教室に通えばあらゆる技術を丁寧に教えてくれますから確実においしいものを作れるようになります。また、自宅で作ろうとすると種類によっては数多くの道具を取りそろえなければいけませんが、パン教室にはすでにそれが完備されていて、さらには使い放題ですから費用対効果もいいです。

目的にあわせて使い分ける

パン教室は大小合わせるとかなりの数に上り、用途にあわせて通う場所をかえると効率よくスキルアップできます。オーソドックスな種類のレシピを増やしたい場合には大手の教室に行くのが最適です。大手ではカリキュラムがしっかりと整っており、初心者でもやりやすいように作り方がマニュアル化されているので、いままで生地に触れた経験がない人でも安心して始められます。また、講師陣の指導の実績も豊富なので、初心者が間違えやすいポイントなどを解説してくれるのもうれしいです。ほかにも、大手の教室は料金の設定が良心的で、コースによってはあまりお金をかけずに始められるので、迷った時にはこちらを選べば失敗はないです。これに対して、一風変わったものを作ってみたい場合には個人でやっているような教室があっています。小さめの教室の強みは自由度が高い点で、自分なりにアレンジをしても大丈夫なので、もう一歩進んだパン作りに挑戦してみたい人にむいています。

日本伝統の職人芸

寿司

より短期間で一人前の寿司職人になりたいのなら、専門学校に通って技術を学ぶ方法を選択することができます。特に海外での事業を考えている方などに人気を集めており、一人前になるまで最低10年の修行が必要なるとされていた寿司職人への道を、1年ほどまで短縮することができるのです。

この記事を読む